奈良 祈りの美(10) 「辟邪絵 鍾馗」
奈良国立博物館学芸部長 内藤栄

美の十選
2020/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

端午の節句に、子供の成長を願い、鍾馗(しょうき)ののぼりや人形を飾る家も多いだろう。朱で描いたのぼりは、疱瘡(ほうそう)を除くとされる。一般的に鍾馗は、ぎょろ目、ひげ面の中国の武神として表される。

鍾馗は中国・唐の都、長安(現在の西安市)の南にある終南山(しゅうなんざん)という山に住むとされる。楊貴妃を愛したことで有名な玄宗皇帝が病にあったとき、皇帝の夢中に鍾馗が現(あら)われ、疫鬼を退治したと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]