/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

伊藤左千夫は生涯に3度も、大きな水害を体験している。「野菊の墓」で知られるこの人は乳牛を飼いながら歌を詠み、小説を書いて暮らした。東京の下町で牧舎を営んでいた1910年8月、そんな左千夫が見舞われた災厄はとりわけ深刻だった。関東大水害である。

▼「闇ながら夜はふけにつつ水の上にたすけ呼ぶこゑ牛叫ぶこゑ」。牧舎の牛の叫び声が悲痛だ。被害は関東一円に及び、多くの犠牲者を出した。長く停滞していた前線に、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン