日本の農業 どう守る(複眼) 沢浦彰治氏/石田一喜氏/秋元里奈氏/丹羽篤司氏

吉田 忠則
時論・創論・複眼
2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で日本農業も試練に直面した。外国人技能実習生が入国できなかったことによる現場の人手不足への対応と、飲食店の休業などで売り先をなくした農産物の販路の確保だ。いずれも背景に構造問題がある。今後、いかに課題に向き合うべきかを関係者に聞いた。

◇ ◇ ◇

■「日本で働きたい」環境に グリンリーフ社長 沢浦彰治氏

日本は外国人なしでは農業を続けることは難しくなっている。たとえ彼らの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]