/

この記事は会員限定です

日本の農業 どう守る(複眼)

沢浦彰治氏/石田一喜氏/秋元里奈氏/丹羽篤司氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で日本農業も試練に直面した。外国人技能実習生が入国できなかったことによる現場の人手不足への対応と、飲食店の休業などで売り先をなくした農産物の販路の確保だ。いずれも背景に構造問題がある。今後、いかに課題に向き合うべきかを関係者に聞いた。

◇ ◇ ◇

「日本で働きたい」環境に グリンリーフ社長 沢浦彰治氏

日本は外国人なしでは農業を続けることは難しくなっている。たとえ彼らの母国と日本の間の経済格差が縮まっても、日本で働きたいと思え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3774文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン