テレワーク、都市の未来左右 人口集積と感染症リスク
中川雅之 日本大学教授

経済教室
2020/7/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○歴史的な大打撃の後も都市への集積続く
○対面型コミュニケーション残るかがカギ
○密集・混雑を避けての集積の形成が重要

私たちは新型コロナウイルスのまん延という大きなショックの真っただ中にいる。人的被害が広がるだけでなく、ロックダウン(都市封鎖)により経済活動が停滞し、多くの人が貧困化の危機に直面している。

このウイルスは人の「密集」により感染することが知られる。このため私たちの繁栄の基盤と考…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]