/

この記事は会員限定です

トップが研究開発を導け R&D費用の適正水準

若林秀樹 東京理科大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○海外大手は高研究開発費と高成長に相関
○国内電機は研究開発比率を下げ機会損失
○期待とリスクの均衡から連鎖成長目指せ

売上高研究開発費比率(R&D比率)は企業が属する業界の期待成長率と同等とされ、ライバル比較や自社の過去実績から内部積み上げで決められている。半導体は15~20%、車載やロボットは5~10%、家電や重電は2~3%、医薬品は20%が常識となっている。R&D比率は企業の中期計画で重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン