社会的責任、市場で重要に ロバート・エクルズ氏
英オックスフォード大客員教授

小平 龍四郎
グローバルオピニオン
2020/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米経営者団体のビジネス・ラウンドテーブルがパーパス(企業の存在意義や目的)を再定義し、株主だけでなく顧客や地域社会などすべてのステークホルダーを重視する声明を出してから、もうすぐ1年が経過する。これまでのところ、踏み込んだパーパスを公表している企業はほとんど見当たらない。残念なことである。

数少ない最新の事例を挙げるとすれば、米たばこ大手フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)だ。先ごろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]