物価安定目標へ強い関与を 危機後の金融政策の枠組み
関根敏隆 日本銀行金融研究所長/若田部昌澄 日本銀行副総裁

経済教室
2020/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○外出抑制後には支払い能力の維持重視を
○物価は下振れと上振れ双方のリスクあり
○潜在成長率と成長期待の引き上げが重要

新型コロナウイルス感染症が世界経済に深刻な影響を与えるなか、経済学者らの分析が急速に進んでいる。例えば本稿執筆時点で、全米経済研究所(NBER)のホームページには新型コロナ関連で170本の研究論文が掲載されている。

スペイン風邪など過去の歴史から教訓を得ようとする研究、数理感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]