赤神諒「太陽の門」(127)

赤神諒「太陽の門」
2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

もとより軍事作戦に事情変更はつきものだが、アルバセーテ・マドリード間は、共和国の支配地域だ。進軍の遅れる理由が理解できなかった。

すでにカサ・デ・カンポの南は、叛乱(はんらん)軍の攻勢に晒(さら)され始めていた。国際旅団が到着しないうちに、モラ率いる叛乱軍に西からの侵攻を許せば、マドリードは一気に落とされかねない。いずれかの部隊がラス・ロサスに敵を引き付けておく以外にないわけだ。

リックは火を付…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]