ゴッホ 新イメージ(10) 「麦の穂」
芸術思想史家 木下長宏

美の十選
2020/6/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

フランスの麦畑は、地平線の彼(か)方(なた)まで広がっている。そんな広大な麦畑の一部を切り取った絵を、ゴッホはオーヴェルで描いた。

麦の穂と葉だけの絵。いちめん緑。前景も後景もない。すべて前景であるし、すべて背景と言ってもいい。しかし、緑をやたらと塗りつぶしているわけではない。

麦の穂や葉や茎が、一本一本ていねいに描き込まれている。穂は黄味(きみ)を帯び、緑に濃淡をつける。それぞれの穂、葉、茎に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]