告解 薬丸岳著 加害者側の贖罪問いかける

読書
2020/6/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

しみじみとした読後感が心の中でわきたっている。いい小説だ。

正直言って終盤までは若干の苛(いら)立ちがあった。主要人物を認知症にして、物語の方向性を曖昧にしたと思ったからだが、それは間違いで、作者はむしろ逆手にとって読者に驚きを与えてくれる。

「今すぐ会いに来てくれなければ別れる」という恋人からのメールを見て、大学生の翔太は深夜車をとばす。先程まで酒を飲んでいたが、もう終電がなかった。だが、運転…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]