ゴッホ 新イメージ(9) 「烏の群れ飛ぶ麦畑」
芸術思想史家 木下長宏

美の十選
2020/6/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サン・レミの病院を出て、オーヴェル・シュル・オワズに移った。パリから汽車で1時間。ゴッホはここに来て2カ月後の7月末、ピストルをお腹(なか)に撃って、37歳の生涯を終えた。

1年の鉄格子生活から解放されたゴッホは、爽やかに明るい村の風景を描きに描いた。2カ月余りに油彩画だけで70点を超える。

自殺か否か。議論は尽きない。

村の南を流れるオワズ河は、水面に空の青と岸の緑を映して限りなく美しい。だが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]