〈美しい本〉の文化誌 臼田捷治著 装幀史が物語る変化と思い

読書
2020/6/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナ自粛で行きつけの書店や図書館が閉まってしまい、電子書籍を読む機会が増えた人も多いことだろう。たしかに電子書籍は便利だ。しかし紙の本が持つ味わいはない。だいいち電子書籍には「装幀(そうてい)」というものが欠けている。日頃は「あって当たり前」と思っていたものの大切さは、こういう時に意識される。そう思っているところに、本書が刊行された。日本の近代装幀史を350冊にも及ぶ具体例とともに解説した美し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]