/

この記事は会員限定です

コロナ対策、数値目標設定を

小林慶一郎 慶大客員教授

[有料会員限定]
ポイント
○行動規制・検査・医療の組み合わせが重要
○クラスター調査に政策資源の投入増やせ
○政策の透明性確保で国民に安心と信頼を

2020年3月以降、世界中の経済学者が新型コロナウイルス感染症関連の研究を進めている。提案された政策の選択肢には「行動制限(日本では自粛と休業)」「検査と隔離」「高齢者層の選択的行動制限」「行動制限の周期的なオン・オフ」などがある。

米ノースウェスタン大学のマーティン・アイケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン