FRB、物価目標見直しも 危機時の財政金融政策
仲田泰祐 東京大学准教授

2020/6/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○悲観シナリオの場合ゼロ金利の長期化も
○FRBがマイナス金利導入の可能性低い
○2%インフレ目標固執なら信頼失う恐れ

コロナ危機という経済ショックは各国の中央銀行にも試練を与えた。特に米連邦準備理事会(FRB)は前例のない規模の資金供給などを通じ、世界経済の下支えに手を尽くしている。しかし本当の試練はこれからかもしれない。本稿では少し長い射程をとり、コロナ収束後の金融政策の枠組みについて論じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]