/

この記事は会員限定です

最初のテロリスト カラコーゾフ クラウディア・ヴァーホーヴェン著

新たなる人間観 誕生の瞬間

[有料会員限定]

1866年4月4日、帝政ロシアの首都サンクトペテルブルクで一人の青年が皇帝アレクサンドル2世を狙撃した。弾は逸(そ)れ、逮捕された彼は死刑になる。青年の名はドミートリー・カラコーゾフ。革命組織「人民の意志」が組織的に「皇帝狩り」を開始する15年前だ。そのため、早すぎた暴発行為のように見なされてきたこの事件の「近代」的性質を強調して、彼を「最初のテロリスト」として位置づけるのが本書の眼目である。そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン