/

この記事は会員限定です

建築の東京 五十嵐太郎著

浮かび上がる権力との距離

[有料会員限定]

建築史家、五十嵐太郎氏による「東京の建築」ではなく「建築の東京」、すなわち東京に建っている建築のことではなく、建築の政策や市場のことでもなく、建築家の東京への関わりが紹介される。それが意外なほど幅広いことにまず驚く。

著者が上京した1985年はバブル期、東京中が活力にみなぎっていた頃であろう。この時代、行政主導で東京の方向性を示し、ミッテラン仏大統領の施策「グラン・プロジェ」にならい、公共文化施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン