コロナ後の観光、どう描く(複眼) 田川博己氏/西村総一郎氏/佐藤祐輔氏/矢嶋敏朗氏

石鍋 仁美
大岩 佐和子
時論・創論・複眼
2020/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で世界中から観光客が消えた。インバウンド(訪日客)で急成長を遂げてきた日本の観光業は大きな転換期を迎えている。客数を追うこれまでのやり方はもう通用しない。この危機を教訓として企業や自治体は何をすべきか。コロナ禍の収束後の観光業のあり方を識者に聞いた。

◇ ◇ ◇

ふれあいさらに深める 日本旅行業協会会長 田川博己氏

世界の海外旅行者数は14億人を超えた。これだけの人が動けば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]