川口淳一郎氏(18) 冗長機能が危機救う
宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー はやぶさの挑戦は続く

仕事人秘録
2020/6/4付
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他
 行方不明から戻った小惑星探査機「はやぶさ」を地球に戻す準備を約1年かけて進めた。

予定から大幅に遅れ、次に地球に帰還するには07年4月にはイトカワを出発しなければなりません。採取したサンプルを地球に下ろすカプセルに無事に移し終え、2月にイオンエンジンの再点火試験も順調に終了。4月に出発しました。

ところが出発して数日後にイオンエンジンに故障が起きたのです。はやぶさに搭載したイオンエンジンは4基で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]