女性写真家の開拓精神(2) 山沢栄子「What I am doing(9)」
批評家 竹内万里子

美の十選
2020/6/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

緑がかった影の中に、くしゃくしゃになった黄色い紙が浮かび上がる。よく見ると破られた写真のようだ。色彩や陰影のコントラストを大胆に取り込んだ、シンプルだが骨太な写真である。

この写真を撮った山沢栄子は日本の先駆的な女性写真家の1人。1899年大阪に生まれ、1926年に単独渡米した。現地で油画を学ぶ一方、写真家の助手を務めて写真に没頭し、帰国後の31年に大阪で商業写真スタジオを開いた。単身渡米は無論…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]