/

この記事は会員限定です

佐藤栄作 最後の密使 宮川徹志著

日中交渉の知られざる人脈

[有料会員限定]

1972年9月の日中国交正常化は、同年7月に成立した田中角栄政権の功績として語られてきた。田中総理と大平正芳外相の訪中は一大政治イベントであり、それが記録にも、記憶にも刻まれてきたからだ。その前年に既にアメリカ大統領補佐官のキッシンジャーが訪中し、また国連の中国の議席も中華民国から中華人民共和国に替わり、日中国交正常化は時間の問題だった。しかし、田中の前任の佐藤栄作総理が交渉相手として中国側から認...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン