/

この記事は会員限定です

規制・制度の設計、官民共同で 21世紀の産業政策

大橋弘 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○ポストコロナを見据えた産業政策検討を
○デジタル化推進へ不合理な商慣習見直せ
○他国の保護主義的な動きへの自衛も必要

新型コロナウイルスの感染拡大は世界の人の流れを分断し、社会経済活動に大きな打撃を与えている。国際旅客輸送の落ち込みは、2001年の米同時テロや03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の時をはるかに上回る(図参照)。

第2波の到来も懸念される新型コロナの完全終息は見通せない。人と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン