枠組み設計、競争促進重視を 21世紀の産業政策
岡崎哲二 東京大学教授

経済教室
2020/5/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○中国台頭背景に世界で産業政策が再注目
○実証研究の発展で政策効果の評価可能に
○企業間競争促進と生産性引き上げに相関

近年、産業政策、すなわち産業に対するミクロ的な介入政策に対する関心が再び高まっている。実際、「産業政策」と「政策・制度」をキーワードとして「日本経済新聞」の記事を検索すると、2016年以降、特に18年以降、その件数が増加している(図参照)。

注目すべきことに、産業政策への関心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]