/

この記事は会員限定です

ロシア盤クラシック 国外不出の名演奏を堪能

旧ソ連の共産党幹部向け、1万枚収集 綾部徹之進

[有料会員限定]

ロシアのピアニストやバイオリニストにどんなイメージを持つだろうか。演奏はうまいが、表現力が乏しく冷たい印象か。それは旧ソ連崩壊まで西側諸国に情報があまり入ってこなかったことによる誤解だ。

実際は圧倒的な技巧と豊かな表現力を持ち合わせた逸材ぞろい。私はロシアのクラシック音楽に魅了され、ピアノやバイオリンのレコードを収集している。それも音質の優れた旧ソ連の共産党幹部専用盤ばかり。20年ほどかけて1万枚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン