川口淳一郎氏(14) エンジントラブル発生
宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー はやぶさの挑戦は続く

仕事人秘録
2020/5/26付
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他
 小惑星探査機「はやぶさ」は最初の着陸から6日後の2005年11月26日に2回目の着陸に挑んだ。

1回目の着陸でイトカワのサンプルを採取する装置は作動しませんでした。ただ着陸で舞い上がったチリが採取された可能性はありました。地球へ出発する11月末の期限も迫り、このまま帰還してはという意見も出ました。しかし確実なサンプルを地球に持ち帰りたい。そのこだわりで、2回目の着陸を決断しました。

1回目と同じ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]