最後の社主 樋田毅著 新聞経営巡る暗闘と音楽愛

読書
2020/5/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

こんなご時世では取材にも行けぬから、所在なくブルーレイで「アマデウス」を観なおした翌々日、本書を読んで唖然(あぜん)とした。

モーツァルトらをパトロンとして支えたオーストリアの皇帝のような人物が、つい最近まで日本にもいたのだ。その人物は女性で、しかも「朝日新聞」の社主を長らく務めていたのである。

彼女は昭和30年代前半に、日本で初めて、世界規模の音楽フェスティバルを大阪で実現させた。以来、カラヤ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]