/

この記事は会員限定です

企業越えた人材評価基準を 日本型雇用改革の論点

小熊英二 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○客観的な人材評価基準ないのが根本問題
○雇用の基本形を変えずに賃金コスト削減
○人的資本向上や高度人材の招致にも弊害

新型コロナウイルスの流行で、日本の働き方が問い直されている。リモートワークが進まない、マネジメントが「あうんの呼吸」に頼りすぎていた、採用面接が多すぎるなど、この機会に露呈した問題は数多い。

こうした問題はただ一つの要因から発生している。人材に対する客観的な評価基準がないことだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン