民間事業者との連携カギ 中銀デジタル通貨の行方
戸村肇 早稲田大学准教授

経済教室
2020/5/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○非常時に機能する決済システムの構築を
○各個人への無担保融資枠の設定も可能に
○本人確認や中銀口座への接点は民間主体

世界的なキャッシュレス化の流れの中で、中央銀行が発行する現金についてもデジタル化の検討が始まっている。デジタル化された現金である中銀デジタル通貨は、端的に言えば、利用者が中銀に口座を開設し、その口座上の残高を送金や決済に使えるサービスだ。その意味では、民間銀行の預金口座に似て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]