7/13 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均終値は493円高 コロナ治療薬開発に期待感
  3. 3位: 半導体メモリー市況に減速感 DRAM、6カ月ぶり下落[有料会員限定]
  4. 4位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  5. 5位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,784.74 +493.93
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,740 +450

[PR]

投資番付

フォローする

豪ドル、上値重く 根強い景気減速懸念
通貨番付

2020/5/19付
保存
共有
印刷
その他

オーストラリアドルの上値が重い。3月には一時1豪ドル=0.55米ドル台まで下落、17年ぶりの安値をつけた。国内での新型コロナウイルスの新規感染者は減少傾向で経済再開に向けた計画も進むが、景気減速懸念は強く、足元では1豪ドル=0.64米ドル台で推移、年初より8%安い。

豪州は28年超と世界最長の経済成長を続けるが、豪準備銀行(中銀)は2020年の経済成長率がマイナス6%になるとの見通しを発表している。政策金利は過去最低の0.25%で、3月には量的緩和の実施も発表した。

最大の貿易相手国、中国との関係も懸念材料だ。豪州は新型コロナの発生源などを巡り独立した調査を求めるが、中国は反発、防疫などを理由に一部の豪産食肉の輸入を停止した。今後の展開次第では豪ドルの上値をさらに重くする可能性も残る。(シドニー=松本史)

15日までの1週間でインドネシアルピアが買われた。インドネシア経済の再開への期待が高まった。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム