川口淳一郎氏(11) スイングバイに成功
宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー はやぶさの挑戦は続く

仕事人秘録
2020/5/19付
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他
 小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げてから半年後に、太陽表面の巨大な爆発の影響で太陽電池パネルが損傷を受けた。

はやぶさを搭載したM5ロケット5号機が、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたのは2003年5月9日。小惑星「イトカワ」に向かうにはギリギリのタイミングでした。この後、私が所属する宇宙科学研究所は宇宙開発事業団などと統合して宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発足します。宇宙研と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]