/

この記事は会員限定です

経済でみる名画(10) エドワード・ホッパー「ナイトホークス」

公認会計士・作家 田中靖浩

[有料会員限定]

20世紀、T型フォードの生産から幕を開けた米国の工業化はその後、家電製品の生産へとつき進む。

量産された冷蔵庫や電灯は家庭生活を明るくするだけでなく、夜の街も変えた。繁華街の食堂や酒場では深夜営業が増え、ナイトホークス(夜更かし)たちのたまり場となった。本作には、深夜の食堂に集う数名が描かれる。

アメリカ製造業伸び盛りの時期であるというのに、彼らの姿からは寂寥(せきりょう)とした孤独感がにじみ出て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン