/

この記事は会員限定です

岸惠子(16)旅立ち

パリでフラッシュの出迎え 仲人探し難航 現れた川端先生

[有料会員限定]

「雪国」の撮影が長引いて、小津安二郎監督が私のために書いてくれた「東京暮色」にも、今井正監督の「夜の鼓」にも出演できなかった。

パリ行きを遅らせれば良かったのに(一世一代の約束を変えるなんて女が廃る)と思った。私が諦めた2つの役はにんじんくらぶの仲間、有馬稲子さんが演じてくれた。

こうして1957年5月1日、私はパリの空港に着いた。エールフランス機のタラップを降りる私にフラッシュが焚(た)かれ、抱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸惠子

女優の岸惠子さんは横浜市で生まれ育ち、戦時中には空襲に遭い九死に一生を得ました。高校時代、同級生と一緒に見学に行った松竹大船撮影所でスカウトされてデビュー。佐田啓二さんと共演した映画「君の名は」で一躍国民的スターとなります。フランス人映画監督イヴ・シァンピさんと結婚して渡仏してからも離婚や辺境への旅など波瀾万丈の人生が続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン