赤神諒「太陽の門」(83)

赤神諒「太陽の門」
2020/5/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
その他

――ニカラグアでも、エチオピアでも、リックを信じ、ともに戦った仲間たちがいた。戦場は実に不思議な場所だ。互いに名も知らず、言葉さえ交わさぬ間柄なのに、味方なら命をかけて救い合う。戦闘という残酷で罪深い、しかし崇高な共同行為のなかで、揺るぎない絆が生まれてゆくのだ。

数日前の夜、マチャードがぽつりと、リックには死んだ弟の面影があると漏らした。リックも、戦死した上官や戦友について語った。毎日が綱渡り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]