資源循環システム見直しを 脱プラスチックの処方箋
森口祐一 国立環境研究所理事

経済教室
2020/5/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○PET以外の容器包装や製品回収が課題
○低環境負荷で高機能な代替素材開発が鍵
○環境問題への対処は国際協調も欠かせず

廃プラスチックの適正処理・有効利用の望ましい将来像については、関係業界、市民、行政、専門家などの間で、長年にわたって議論が続けられてきた。海洋プラスチック問題が世界的な関心を呼ぶ中、この潮流を、過去から積み残した宿題を一気に片付ける好機にできるだろうか。

プラスチックの生産は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]