/

この記事は会員限定です

経済でみる名画(8) モネ「ラ・グルヌイェール」

公認会計士・作家 田中靖浩

[有料会員限定]

陽をあびてきらめく水面。そこにこだまする人々の嬌声(きょうせい)。

ここはパリ郊外ラ・グルヌイェール。蒸気機関車の登場によって市民たちが行楽地に出かけるようになったのは19世紀後半のこと。クロード・モネはそんな新しく幸せな光景を新たな筆致で描いた。

彼は絵の具を混ぜない筆触分割の手法によって水面に輝く光を見事に描ききった。しかしこの絵はフランスにとって不幸への転換点になった。行楽地の人々とモネの運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン