企業・投資家、責任共有を ケリー・ワリング氏
ICGN最高責任者

小平 龍四郎
グローバルオピニオン
2020/5/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

グローバルな資本市場で何よりも求められているものは、企業も投資家も事業の存続に向け、社会的な責任を共有しなければならないということだ。新型コロナウイルスの感染拡大に関する危機を理由に、弱い立場の従業員が無報酬で放り出されるような事態は、あってはならない。特に社会保障が貧弱な国・地域の労働者への目配りが欠かせない。

世界最大の投資家グループである国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]