経済でみる名画(6) ターナー「雨・蒸気・スピード グレートウェスタン鉄道」
公認会計士・作家 田中靖浩

美の十選
2020/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

運命の分かれ道、それは島国イギリスにとって木材不足だった。

この材料・エネルギー不足のピンチを彼らは石炭の利用によって乗り切った。もしこの黒いダイヤモンドの発見がなければイギリスは歴史の表舞台に出てこなかったにちがいない。

石炭発掘の際、湧き出る地下水をくみ出すポンプとして開発されたのが蒸気機関だ。それはやがて据付型の動力装置となり、繊維業をはじめとする工場を一変させた。

さらに蒸気機関は車輪に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]