次世代に責任持ち変革を SDGsが変える企業経営
名和高司 一橋大学客員教授

経済教室
2020/5/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○規定の国連目標を超えて自由演技に進め
○デジタル志向と複眼的な世界観を備えよ
○30年先の視点から現在を捉える発想が鍵

国連が2015年に採択したSDGs(持続可能な開発目標)が、企業が次世代に向けて取り組む目標として注目されている。もちろん結構なことだが、そこには3つの陥穽(かんせい)がある。

第1の落とし穴が視野の限定だ。サステナビリティー(持続可能性)の実現を、記載された17項目に限定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]