川口淳一郎氏(7) トラブル越えた「魔術師」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー はやぶさの挑戦は続く

仕事人秘録
2020/5/11付
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他
 日本初の本格的な惑星探査機「のぞみ」は、はやぶさ同様に多くのトラブルに見舞われた。

火星を目指すのぞみをM5ロケットで打ち上げたのは1998年。計画より2年遅れたため飛行の条件が悪くなり、火星に到達するにはロケットだけでは十分な速度が出ません。直接火星に向かうことを諦めて、月や地球を利用した3回のスイングバイで速度を補うことにしました。

ようやく火星に出発したはずでしたが、98年のクリスマスを前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]