/

この記事は会員限定です

岸惠子(10)スター

人気者、でも研究生扱い ギャラの差にあぜんもめげず

[有料会員限定]

いつの間にか私はスターと呼ばれるようになっていた。

けれど身分は相変わらず大部屋所属の研究生。主役を掛け持ちしてもギャラはなく、月に研究費として4500円を支給されるだけだった。

「それも3回に分けて1500円。ロケに240円の手当が出たの覚えてる? ニコヨンだって大笑いしたわね」

去年、私の舞台「わりなき恋」を見に来てくれた小園蓉子さんと昔話に花が咲いた。

待遇に不満はなかった。不満は映画の内容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸惠子

女優の岸惠子さんは横浜市で生まれ育ち、戦時中には空襲に遭い九死に一生を得ました。高校時代、同級生と一緒に見学に行った松竹大船撮影所でスカウトされてデビュー。佐田啓二さんと共演した映画「君の名は」で一躍国民的スターとなります。フランス人映画監督イヴ・シァンピさんと結婚して渡仏してからも離婚や辺境への旅など波瀾万丈の人生が続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン