/

この記事は会員限定です

経済でみる名画(4) ブーシェ「ポンパドール夫人」

公認会計士・作家 田中靖浩

[有料会員限定]

「イタリア絵画の最高傑作モナリザがなぜフランスにあるのか」

その謎を解くカギは16世紀にある。宗教対立で混乱するフィレンツェを離れたダ・ヴィンチはフランス王に招かれ晩年を過ごす。この経緯によってモナリザはフランス所有となった。

当時、フランスの王や貴族たちはイタリア絵画をあこがれの目で見ていた。彼らがこぞってイタリア絵画を買い求めたことで金銀が流出して財政が悪化、これを改善したい意向もあってフラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン