経済でみる名画(4) ブーシェ「ポンパドール夫人」
公認会計士・作家 田中靖浩

美の十選
2020/5/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「イタリア絵画の最高傑作モナリザがなぜフランスにあるのか」

その謎を解くカギは16世紀にある。宗教対立で混乱するフィレンツェを離れたダ・ヴィンチはフランス王に招かれ晩年を過ごす。この経緯によってモナリザはフランス所有となった。

当時、フランスの王や貴族たちはイタリア絵画をあこがれの目で見ていた。彼らがこぞってイタリア絵画を買い求めたことで金銀が流出して財政が悪化、これを改善したい意向もあってフラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]