/

春秋

「手段が目的化することを趣味という」――。オーディオ評論家の長岡鉄男さんが残した名言だ。世の中には、音響・映像マニアと呼ばれる人々が一定数生息する。彼らに、「いい音や画質を楽しむのなら、ライブや映画館に行けば?」と問いかけるのはご法度である。

▼好事家にとって芸術とは、アンプやプロジェクターなど好みの機器の組み合わせで成立するものなのだ。情熱が高じると、スピーカーを自作したり、音響のため部屋を改造したりする。家族にとってかなり迷惑な存在だ。でも、最近はネットで配信される音楽や映像を、スマホなどで気軽に楽しむ習慣がすっかり定着した。

▼4月初旬。東京・赤坂のホールで、ピアニストの反田恭平さんと木管楽器奏者によるコンサートがあった。チケットは1000円。と言ってもコロナウイルス禍で会場は無観客。音と映像のライブ配信だ。ジョージ・ガーシュインの名曲が流れた。感染症に苦しむニューヨーク市民への連帯だろうか。素晴らしい夜だった。

▼ライブハウスや劇場が閉鎖され、街角から文化の潤いが消えた。が、この連休中、想田和弘監督の映画「精神0」の有料配信が始まった。こうした取り組みを応援したい。どうせならいい音で楽しみたいものだ。最近はネット配信の作品を高音質で再現するアンプもある。試してみようか。これは正当な手段と目的だろう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン