/

この記事は会員限定です

歌え、葬られぬ者たちよ、歌え ジェスミン・ウォード著

黒人家族の苦難と絆を活写

[有料会員限定]

トランプ大統領の誕生で人種の分断がさらに激化した感のある現代のアメリカ。期待の黒人女性作家による本書は、差別の残るミシシッピ州を舞台に、ある黒人家族の苦難の過去と現在を描き出す。

冒頭は「父さん」と13歳の少年ジョジョがヤギを屠(ほふ)るという、通過儀礼を思わせるシーン。冷静にヤギをさばく「父さん」に対し、少年は死臭に耐えきれず吐いてしまう。この「父さん」、実は祖父であり、その娘のレオニと白人のマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン