/

この記事は会員限定です

EBPMの経済学 大橋弘編

証拠に基づく政策の啓蒙書

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための移動制限が与える経済的損失への対処を巡る議論が盛んである。未経験の規模、スピードで広がる感染に対して、やや感情的な議論が先行しがちである。このような時にこそ、冷静な、エビデンス(証拠)に基づく政策立案が求められる。

日本ではようやく「証拠に基づく政策立案」(EBPM)の重要性が認識されてきている。しかしながら、今回の経済対策の議論でみられるように、残念な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン