/

この記事は会員限定です

誤作動する脳 樋口直美著

多様な時間軸の存在を提示

[有料会員限定]

想像してみてほしい。

あなたに脳機能の障害が生じて、初めて幻覚を見るとき、それを幻覚とは思わない。疑うにしてもまずは「見間違い」や「霊体験」だろう。何度か同じ経験をして、ようやく「病気かな」と思う。

著者の樋口さんはレビー小体型認知症という、症例の少ない脳の病気を持っている。精神科ではうつ病だと誤診され、合わない薬を飲まされた。病気をオープンにして活動する今も、「ぼけ」の同義語として使われる認知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません