/

この記事は会員限定です

ピウスツキ、アイヌ民族研究にポーランドの風

19世紀末から共に暮らした学者を追う 沢田和彦

[有料会員限定]

19世紀末から20世紀初めにかけ、サハリン(樺太)と北海道の地に住むアイヌの人々と親しく交わり、彼らの民族調査に携わったポーランドの民族学者がいた。

ロシア皇帝アレクサンドル3世の暗殺未遂事件に連座し、政治犯としてサハリンに送られたブロニスワフ・ピウスツキ(1866~1918年)。流刑の地で先住民に出会い、持ち前の卓越した言語能力と心優しい性格で人々に迎え入れられ、言語や民俗に関する貴重な記録を残...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン