/

この記事は会員限定です

天坊昭彦(24)中東の楽しみ

駐在員との食事会 魚の手料理、家族ぐるみで

[有料会員限定]

海外での生活には不便もあるが、その地ならではの楽しみ方もある。工夫次第で日本では難しいごちそうにありつける。中東で言えば魚だ。

中東で魚、と意外に思うかもしれない。しかし、ペルシャ湾では日本では手が出ないような立派な魚が安く手に入る。2002年の社長就任後、毎年のように中東を訪れる中でそのことを知り、カタールでの駐在員との食事会が恒例になった。

きっかけは、サウジアラビアからカタールの首都ドーハに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

天坊昭彦

出光興産は実業家の出光佐三氏が興した石油会社です。バブル経済の終わりとともに経営危機に陥った時、天坊昭彦さんは経営改革に立ち上がり、上場を果たして同族経営に終止符を打ちました。挑戦を続けた天坊さんが改革の舞台裏を含めて、波乱の半生を振り返ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン