付加価値を与える手段に IoTの現在地
佐藤証 電気通信大学教授

経済教室
2020/4/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○IoTは目的に応じて機能や性能を選択
○生データではなく意味のある情報が重要
○経験や勘を代替し参入障壁を下げる力に

政府は「未来都市戦略2018」で、ネットにすべてのモノをつなげて制御するIoTなどのサイバー技術と、現実社会を高度に融合した「ソサエティー5.0」(超スマート社会)の実現が不可欠であると述べた。しかしIoTに関しては、モノとは何か、どのようなデータがどう使われるかなど、漠然と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]