/

この記事は会員限定です

天坊昭彦(23)中東との交流

アラムコ社長の心遣い サウジ油田 苦い経験も

[有料会員限定]

1998年6月、常務になった私は経理部に加えて、海外部も担当することになった。海外部は原油の調達を主たる任務とする。買い付け先である中東産油国との関係はひときわ重要だ。「中東の夏は暑いですよ」と渋る海外部長を促し、8月にあいさつに行くことにした。

ロンドン経由でクウェートに到着した。空港を一歩出ると熱風が吹き付け、めがねが湿度のために一瞬で曇る。夜8時というのに温度計はセ氏49度を指している。服を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン