/

この記事は会員限定です

役者と小道具一人二役 劇団☆新感線の妙な仕掛け

きちんとむちゃして笑いのために工夫 高橋岳蔵

[有料会員限定]

大阪芸術大学で舞台芸術学科の学生をしていた1987年、先輩に「ちょっと手伝って」と声をかけられたのが演劇との出合いだった。劇団☆新感線の「阿修羅城の瞳」という芝居で舞台に立った。そのときうっかり「小道具も手伝います」と言ってしまった。

以来、三十数年間、役者と小道具の"二刀流"を続けている。役者をやるときは「インディ高橋」を名乗る。演劇界にこうした二刀流はあまりいなくて、以前チェコの人形劇作家、ペ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン